空室対策

公開日:

更新日:2021/04/22

カテゴリー: 未分類


会社に居残って、空室が増えている賃貸物件の対策を練っております。

種類は築年数が20年超で、且つアパートや複数棟ある戸建賃貸物件が空室となっ

ていることが多く、様々な原因が考えられます。

基本的な背景は、大手メーカーが全国的に展開する、年々増加してきた新規物件

による供給過剰にあります。

最新設備を備えた新築物件が次々に市場に投入されれば、賃料を支払う入居者

は新しい物件に引越すことを考えられる方も多いでしょう。

対して、築20年超の物件は、設備も当時のものであり、トレンドだった仕様も陳

腐化することが多々あります。

賃料減額を行う、設備面に再投資を行う、そこに経営の感覚を持って判断してい

くことが結果に繋がります。

以前は、物件を探す需要が多く、対して供給が少なかった為、物件をつくれば引

く手あまたの状況でしたが、現在はそう簡単ではありません。

賃料を近隣相場と比較したり、設備の更新するコストを見積もったり、初期費用

を抑える方法を探したり…。他物件との差別化を行い、選んでもらう努力が必要

です。

物件ごとの要因を把握し、解決策を貸主さまと相談して、実行可能な方法を探っ

て行きます。